あぶ家の台所 

料理嫌いで生きてきた私。やってみたら、結構楽しいじゃん!日本のように美味しいお惣菜が買えるわけでもない。そんなら作ってやろうじゃん。 基本ズボラだけど時々頑張る私の台所事情 from アメリカ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
画像 411


日曜午前中のファーマーズマーケットで買ってきたミニトマト。
へたの部分の緑がきれいで新鮮だというのがよく分かる。スーパーで買うのはへたの部分は取れてるか黒っぽくしなびてることが多いから。 

今週買って来たのはトマト、りんご、洋ナシ、もも(娘の大好物)、キャベツ、ズッキーニ、などなど。見かける物もだんだん秋の品揃えに変わってきてる。

スーパーの野菜は採れてから店頭に並ぶまでに1週間かかるとか。 比べてファーマーズマーケットに並ぶ物は地元の農家の人たちが出しているので24時間以内に採れた物が多いらしい。 新鮮だということに加えて輸送費もかかっていないし地元の農家の人をサポートすることもできる。今年の夏は意識して毎週のようにファーマーズマーケットに行ったり、アーミッシュの村に行く事も多かったので普通のスーパーで野菜を買うことがあまりなかったな。

ファーマーズマーケットはそこまで安いわけではないけど、お店の人とのちょっとしたやり取りが楽しかったり、なんだかちょっと得したようなほくほくした気分になれるのも好き。この辺りでは10月のハロウィンのあたりまで色んな場所で開かれているファーマーズマーケット。出来る限り通って家族にも新鮮な野菜や果物を食べさせてあげたいな。

来年こそは、(って去年も言ってた気がするケド)家庭菜園をやるぞ~~~!(緑を育てるの大の苦手なのです・・・・)    
スポンサーサイト
このページのトップへ
画像 334

最近何度も作っているメロンパン。
娘も大好きなのでよくリクエストされます。
日本の味~~~~♪

メロンエキスというのがあるようなんだけど、バニラエッセンス、レモン汁、ラム酒で代用できるとかで
ラム酒抜きでやっています。メロンエキス、ちょっと欲しいなあ。。。 このページのトップへ
前にも「私の住んでいる州のとうもろこしは美味しい」という記事を書いたのですが、わたくしとうもろこしの本当の美味しさを昨日まで知らないでいました。

この辺りでは日本人の中でも美味しいと評判の夏限定のとうもろこし屋さん。平日はファームマーケットだけなのですが、金土日は外の屋台で焼きたてのとうもろこし、レモネード、フレッシュな果物がどっさり乗ったソフトクリームなどが食べられます。 
画像 005
(これは以前平日に撮ったので、がらんとしてますが)
画像 001

3年前からそんな話を聞いていたのですが、ふ~ん・・・と今年まであまり興味の無かった私。 今年やっとお友達と食べに行きました。

そしたら・・・

びっくり!

今まで食べてたのが何だったの!?という位、甘くてジューシーでまるで果物みたい。かじりつくとぷちっと汁が飛んでしまい滴るぐらいジューシーなのです。 本当に驚きの美味しさでした。なんで3年間来なかったんだろう???

すぐ横のとうもろこし畑で採れた新鮮なとうもろこしをその場で焼いているというのが一番の理由だろうけれど、皮を2~3枚残して焼いているのです。どうやらそれが美味しさの秘訣のようです。家でもそのようにしてオーブンで焼くと美味しいよ!と教えてもらったので、早速買ってきたとうもろこしでやってみました。

画像 021

とうもろこしのヒゲを取って皮を2~3枚残して420Fのオーブンに入れて約30分。 皮がこんがりしてくるのですが、それをめくってそのまま召し上がれ~。 確かにすっごくジューシーに出来上がりました。塩もバターも何もつけなくても甘くておいしーっ!

でもやっぱりあのファームで食べるのが一番かな。
来月日本から来る母も連れて行ってあげたいです。まだやってるかなあ。。。 このページのトップへ
旦那さんの誕生日。夕食はどこかで外食しようよ~!と言っていたのですが、「やっぱり家でコロッケが食べたいなあ~」と旦那。。。私はもうすでに外食モードだったので、「コロッケ?揚げ物めんどくせぇ・・・」とつぶやいたのですが、本人が一番食べたい物を作ってあげなきゃねと思い直し、作ることにしました。誕生日ディナーにコロッケ。 日本人的にはなんとも可哀想な感じです。安上がりで助かるのですが。

せめてもと思って、普通のコロッケの2倍以上はある巨大コロッケを作って差し上げました・・・笑
しかもそこにHAPPY BIRTHDAYのろうそくを立てて。

画像 018
この皿、アメリカンサイズのかなり大きいお皿です。

画像 020
も~えろよもえろ~よ~炎よも~え~ろ~♪

大きさにもキャンドルにもびっくりしてたけど、うまいと喜んでくれました。

画像 016

ケーキはあまり食べないのでDQのアイスクリームケーキ(自分が食べたかった?)にしようと。家族だけで大きいのは食べきれないし、とりあえず店を見に行ったらお一人様サイズのを発見。絵やトッピングは数種類あれど下の部分はアイスクリームケーキと同じなので、ちょっと食べたい時いいかもです。

なんともお手軽バースデー。
娘は朝起きぬけから翌日になっても何度もバースデーの歌を歌ってあげたり、Happy Birthday!と言ってあげていてそれはそれはSweetでございました。
このページのトップへ
時々食べたくなるリゾット。意外と簡単でご飯を普通に炊くのと同じくらいの時間(かそれより早く)出来上がるし米1カップで家族3人分いけてしまうので、やばっ・・・お米足りなかった~という時にも助かる。
画像 011

ズッキーニのほくほくと、お米のちょっと芯の残る感じの食感が大好きで、特別な物も必要ないし、かなり前に何かの雑誌で見つけたこのレシピで作っています。この写真は、パルメザンチーズを切らしてて代わりにアメリカンチーズ(黄色いの)で作ったので出来上がりも黄色いです。 パプリカやかぼちゃなど冷蔵庫の余り野菜を使ったり、ハムやベーコンを入れるとさらにボリュームが出ます。

材料2~3人分

・米1合(洗ってざるにあげておく)
・たまねぎ半分 (みじん切り)
・ズッキーニ1本 (今回は緑のと黄色の半々。さいの目切り)
・他お好みの野菜やハムなど。

・コンソメ1個を溶いたお湯(500ml)
・オリーブオイル 大1
・パルメザンチーズ 大さじ2~3
・にんにく1かけ(みじん切り)
・こしょうお好みで

1、オリーブオイルをフライパンに熱して、にんにくを入れて香りがでてきたらたまねぎを入れて炒める。
2、透き通ってきたらズッキーニなどの野菜を入れて、米を入れて、米が透き通る位まで炒める。
3、コンソメを溶いたお湯を1回につき150ml位ずつ入れて平らにして中火で米に水分を吸わせる。
4、水分が無くなって来たら、ざっと混ぜてまたさらにコンソメを溶いたお湯を150ml加える。
これを何度か繰り返し、米に芯が少し残るくらいになったら、パルメザンチーズを入れてざっと混ぜてお好みでこしょうを振って出来上がり。

出来たてをハフハフいただきます。
バターとか生クリームは使ってないしパルメザンチーズだけなのにコクがあって美味しいのです。



このページのトップへ

FC2Ad

Information

あぶりな
  • Author: あぶりな
  • 30ウン歳。熱しやすく冷めやすい。食べるの大好き、かわいい物大好き、何かを作るの大好き。片付け嫌い。 
    子育てに追われつつも実験のごとく料理してます。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

あぶりな

Author:あぶりな
30ウン歳。熱しやすく冷めやすい。食べるの大好き、かわいい物大好き、何かを作るの大好き。片付け嫌い。 
子育てに追われつつも実験のごとく料理してます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。